介護の世界にリターンしてみるといいこととは?

復職するなら介護の世界にリターンしましょう

子育てや病気の療養からまた仕事に復帰したくなった時、前のお仕事が介護関係のお仕事だった場合はリターンした方がいいんですよ。せっかく取った資格はブランクがあってもやっぱり強みになりますし、一から仕事を覚えるよりもすぐに戦力なれますよね。さらに制度が変わって介護の仕事に離職していた人が戻ることを希望している場合には、20万円の支度金が普及されるようになったんですよ。20万という金額は結構大きいですね。

返済しなくてはいけないの?

支度金の使い道は、就職活動のための費用や交通費など、復職にかかる色々なことに使います。気になるのは返済しなくてはいけないかということですが、奨学金のように支払いに悪戦苦闘はしたくはないですよね。この支度金は一定の条件をクリアすれば返済の義務はありません。その条件とは介護の仕事を五年間やめないで続けるということです。離職率の高さをカバーするという目的もあるので、この年数は妥当なのではないでしょうか。

キャリアアップもサポートしてくれます

介護の仕事にも資格がありますよね。中には合格が難しい資格もありますから、ハードな仕事をしながらの受験勉強の両立は大変です。新しい制度では介護の資格を取ることのサポートをすることで介護業界の従事者のキャリアアップの道を開いてくれます。これと支度金の給付で、介護の世界で働く人の人材の不足や、離職率の高さを下げていくことに繋がっていくことが望まれています。働く側の環境もこれから整っていくといいですよね。

介護に就職するという人が増加傾向にあるのは、それだけ多くのニーズがあることを物語っているといえるでしょう。