以外と知られていない!アルバイトの税金・・・

バイトでも住民税の支払義務が発生する場合があります

正社員は収入に応じて給料から税金が引かれていますが、アルバイトでも一定の条件を満たすことで支払う税金があります。アルバイトでも毎日仕事をしていると年収があがりますが、年収が100万円を超える場合には住民税の支払義務が発生します。住民税はお住まいの都道府県に支払う税金ですが、都道府県だけではなくて、各市町村にも収める税金でもありますよ。取得税を納めない場合には法的手段として差押を受ける場合もあるので、住民税は必ず納めましょう。

バイトでも取得税の支払義務が発生する場合があります

取得税は前年度の年収に応じて金額が決まる税金ですが、アルバイトでも条件を満たすことで支払義務が発生しますよ。前年度の年収が103万円を超える場合には取得税の支払義務が発生します。取得税は前払い制度なので、過払いになる場合がほとんどですが、年末調整をすることで多く支払った取得税が戻ってきます。しかし、ほとんどの場合が払いすぎているので年末調整は必ず必要になるので、忘れないようにしましょう。正社員なら会社が行いますが、アルバイトの場合には自分で行う場合があります。

バイトは税金を支払うときには自分で手続きを行います

アルバイトでも働くということは、様々な税金を支払う義務が発生しますが、税金の支払は国民の義務です。アルバイトと正社員の違いは税金を支払う際には正社員の場合は会社側で行いますが、アルバイトの場合には会社側で行うことがほとんどないので、自分で手続きをする必要があります。また、正社員は社会保険に加入していますが、アルバイトは社会保険に加入ができないので、国民保険に加入する必要があります。しかし、社会保険や国民保険に加入していないと定年になったときに、国からの援助を受けることができなくなります。

高時給のバイトに応募をする際には、これまでの社会経験が厳しくチェックされることがあるため、きちんと対策を立てる必要があります。