法律を遵守した形の最近よく目にする求人広告

求人広告で記載できない表現

最近の求人広告では制約が多くなり、企業側が欲しいと考える人物像を素直に表現することができなくなっています。男女雇用機会均等法により、男女の別を記載することができなくなっているのは周知のことですが、年齢についても特段の理由がなければ年齢制限を設けて求人広告をおこなうことができなくなっています。そのために企業側としては、ターゲットにしている人物像を、婉曲な表現をして、見た人に理解させるようにしている企業が多くあります。

相手に理解させる表現

例えば、女性を募集している企業が求人広告で多く記載する表現としては、女性が活躍中、という文言を求人広告に入れたりします。それにより求人を見た人は、企業が求めているのは女性であることを、薄々理解することができます。また、年齢についても、何歳の人を募集します、という表現はできないので、企業側としては、20歳から30歳の人が活躍中、といった表現を記載することで、見た人にターゲットに考えている年齢層を理解します。

応募者も企業が求める人物像を理解すること

このような求人広告に記載されている表現から企業がターゲットにしている人物像を把握するやりとりが日常的になってきているために、直接的な表現をしなくても見た人は理解できるようになっています。逆にそれを理解することで、応募する人も、履歴書を送付したが不採用になったというアンマッチが発生する状況を避けることができますし、効率的な就職活動をおこなうことができます。しかも労働に関する法律も遵守することができます。

CADオペレーターの仕事の内容については、それぞれの製作会社などの事業内容によって、大きな違いが見られます。