我が子の成長を一番近くで感じるためにできること

出産後、仕事を続けるとしたら?

結婚して子供を授かる、幸せなことですね。しかしそこで多くの女性がふたつの選択に迷うことになります。このまま働きながら子育てをするか、それとも仕事は辞めて子育てに専念するか…。働きながら子供を育てることは簡単なことではありません。両方のことが思うように進まないというジレンマから精神的に参ってしまったり、そこに忙しさから来る肉体的疲労が重なり、かなりキツイ時期があると考えられます。しかし言うまでもなく金銭面は潤いますよね。

仕事を辞めて子育てに専念するとしたら?

我が子と毎日一緒にいてお世話をし、成長を見守ることは、ある意味理想形でしょう。ただ、毎日24時間の子育ては口で言うほど楽なことではありません。保育園に預けて仕事をする時間が息抜きになっているという話も耳にするぐらいです。また、社会から置いて行かれる、自分の時間がない、そういったネガティブな気持ちになってしまう母親も少なくないようです。しかし考えてみてください。無条件にかわいい幼い時期は戻ってきません。泣いたり笑ったり、可愛らしいひとつひとつの表情、一緒にできるようになること、お金には変えられない大事なものを得られる貴重な時間なのです。

自分の時間を持ちつつ子供を最優先に!

仕事を続けるor辞めるは、子育てをするにあたってそれぞれの夫婦の価値観や感情によって決めることであって正解はありません。大切なのは子供の気持ちに寄り添い、一番近くで自分を守ってくれる存在だと思ってもらえることではないでしょうか。子育てに専念していても自分の時間ばかりを優先していては意味がありません。また、仕事から帰って家事の忙しさで子供と向き合う時間を作らないのはもったいないのです。自分がある程度満足できる時間を持ちつつ、子供との時間を最優先にしましょう。きっと毎日毎日子供の成長を感じることができます。どちらを選択しても、子供が大きくなったとき、後悔のないようにしたいですね。

主婦のパートには、製造業などがあります。製造業では、ラインに並んで食べ物をパックに詰めたり、検品をしたりします。