子育てと仕事を両立する!どうすれば良いの?

支援に手厚い会社を選ぶ

子育てと仕事の両立に悩む家庭が多いので、会社側が様々な支援をするケースも多くなってきました。例えばオフィスのすぐ横にスペースがあり、保育士が常駐するなどです。もしくは早めに帰宅できる制度を作ってしまうなど、子育てしながら働きやすい環境を整えてくれます。まだまだ子育てに関する支援に手厚い会社は多いわけではありませんが、しっかりと探せば見つかります。色々な負担が減れば仕事にも集中できるので、メリットが多いです。

夫婦で時間を変えて働く

夫婦で時間を変えて働くと、子育てと仕事を両立させることが可能です。例えば男性は日勤で働いているのであれば、夕方辺りに帰宅するので子育てをバトンタッチし、夜に女性が働きます。食事の用意や家事も分担させれば効率の良い生活を送ることができ、夫婦双方の負担も少なくなります。男性と女性で接する時間もほぼ均等になるので、子育ての両立が可能になるだけでなく今しかない子供との大切な時間を過ごすことも可能となります。

ベビーシッターの利用

ベビーシッターを利用すると、家で子供の面倒を見てくれるので便利です。保育施設などで送迎する必要がないので身体的な負担も減ります。マンツーマンで見守ることによって子供も安心しますし、何か自然災害が発生した時も守られます。また、契約内容によりけりですがベビーシッターでありながら家事や教育を行う場合もあります。任せる範囲を広めれば忙しい子育てがとても楽になります。予算と便利さを天秤にかけて、悔いの無いように選択したいです。

シングルマザーの仕事で、スーパーやコンビニなどのパートは非常に向いています。なぜなら時間を指定して働くことが可能だからです。